身体はUnityで闘争を求める② ライフルとミサイル

ライフルとミサイルを実装しました。

銃弾やミサイルをかっこよくする為にパーティクルと音をかっちょよくつけました。

それと、武器切り替えのシステムを実装しました。
ACVDの武器持ち替え型か、ACfaの背中武器切り替え型で悩みましたが
ミサイルやキャノンは背中についてたほうがかっこいい!という私の考えからACfa型になりました。とはいえ、欲張りに武器持ち替えも有りの武器6個持ちハイブリッド型に今後なるかもしれない。

武器入れ替えの今後の課題は、アニメーションの切り替えを滑らかに行うこと。
現状、狙い撃つときはFinalIKで動作し、アイドル中はアニメーションで動作している。そのため、アニメーションとFinalIK切り替え時の動作が不自然になってしまっている。これといっしょに、FinalIKによる腕の動きが瞬間移動になってしまっているのをなおしたい。どうしたら良いのだろうか・・・

ロボアクションゲーム 作った3DCGモデルを動かしたりスラスターエフェクト入れたり

前回作ったモデルを自分の操作に合わせてかっこよく動くようにした

以下ができたもの

足が地面に接地するようにFInal IKを使っている。
武器を敵に向けるのもFinal IK。
使い方としては先に関節の可動角度を制限するコンポーネントを付けた後に、
どこからどこまでのボーンをIKとし、どこを目標とするか設定する。
公式の以下の動画を見ればやっていることがなんとなく分かると思う。

ただし、バージョンが新しくなり、CCDIKのスクリプトの設定の仕方が少々違うようだ。
この動画にはないが、先端の目標座標となるオブジェクトを選べるようになっている。
この目標座標をロックオンした敵に設定すれば銃口は敵に向いてくれるし、地面の座標を設定すれば、良い感じに膝と股関節を曲げてくれる。
地面の座標はRayCastメソッドを使って取得する。
以下参照。
Unityを使った3Dゲームの作り方(かめくめ):UnityのIKを使って足の位置と角度を地面に合わせる機能

あと、移動に合わせてアフターバーナーの大きさや向きを制御する。
以下の記事にある標準アセットのアフターバーナーを改造して使用する。
【Unity】Unityエディタに標準で付いてくるパーティクルエフェクトの幾つか

スクリプトからパーティクルの大きさやスピードを変えてアフターバーナーの見た目を動的に操作する。
色なんかも変わるようにしたら見た目が楽しそう。

人型メカの3DCGを作成

今週の三連休を使って、3Dロボアクション用のモデルを作成しました。

思いの他いい感じ!強いて言うなら胴がでかい気がする。

自分の3DCG作品の2体目!VRChatのおかげで億劫だった3DCGに手を付けるきっかけができてよかった。

参考にロボ系プラモデルの画像見まくってたらプラモデル欲しくなってきた。
置くところが無いので買えませんけど。

UVカットとテクスチャの作業がこの先にまっている、これも3連休中に終わらせたかったな。

それと、Final IKをUnityのアセットストアから購入しました。
このメカちゃんをFinalIK使ってかっこよく動かしていきたいと思います。